HOME>特集>利便性が高い街で住むことの魅力について考える

高い利便性

住宅模型とお金

心斎橋は大阪のミナミを代表する街で、多くの商業施設が立ち並び、観光客で賑わっています。各方面へのアクセスも抜群に良く、住むことに関して言えば、利便性は抜群です。その分賃貸物件の家賃の相場は高めであることが多いです。

相場は高め

マンション

心斎橋はその街の特性から、どうしても居住用の建物が少ないことが特徴です。どちらかというと心斎橋近辺の商業施設で働く人向け、つまり一人暮らし向けの賃貸物件がメインとなります。それでも周辺の駅よりは相場は高くなっています。

人通りは多い

一方で一人暮らし、特に女性にとって心強いことは、夜でも人通りが多いことです。心斎橋では24時間営業を行っている商業施設もあることからメインの通りは明るいので安心することができます。しかしながら、ひとつ通りを入ると暗くなることもあるので賃貸物件の立地を確認することは大事です。

静粛性の問題

やはり心斎橋はにぎやかな街なので、飲食店も豊富です。買い忘れがあったとしてもすぐに買いに行くことができます。利便性を最優先に考える人にとっては不自由なく生活することができます。自動車がなくても移動することができます。一方で静粛性に関して言えば、十分ではないです。実際の静粛性を知るためには賃貸物件の見学の際に自分自身で体験してみることがポイントであると言えます。

広告募集中